5.65インチ 7色カラー電子ペーパーで遊ぶ その1

技術
5.65inch Colorful E-Paper E-Ink Display Module, 600×448 Pixels, ACeP 7-Color
5.65inch Colorful E-Paper E-Ink Display Module, 600×448 Pixels, ACeP 7-Color

5.65インチ(おおよそ葉書サイズ)の7色カラー電子ペーパーがAliExpressだと60ドル程度で売られています.

ラズベリーパイに繋いで遊べるとのことなので,試しに取り寄せてみました.(AliExpressで,注文してから二週間程度で届きました)

7074.0¥ |5.65インチacep7色e paper e inkディスプレイモジュール、600 × 448ピクセル、電気なしの紙のようなディスプレイ、e paperモジュール (f)|Demo Board| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

今回はRaspberry PI Zero WH相当(Raspberry PI Zero Wにピンヘッダを付けたもの)を利用します.(もちろんRaspberry PI2~4でもOKです.無印Zeroでも実現可能とは思いますが,Wifiが使えないので不便と思います)

この電子ペーパーのRaspberry PI(以降「ラズパイ」)用の技術解説ページは以下です.

5.65inch e-Paper Module (F) - Waveshare Wiki

「User Guides of PI」タブをクリックするとラズパイ向けのページが表示されます.

添付のケーブルにて,電子ペーパーとラズパイを接続します.接続するケーブルの色は以下のようになります.(ひょっとするとケーブルによって色は異なるかもしれません)

以降,ラズパイを起動して設定を行います.(以降の解説は全てラズパイがインターネットに繋がる前提です.そのあたりの設定は各自で調査してください)

技術解説ページの「Enable SPI interface」の通りに操作し,SPIインタフェースを有効にします.

技術解説ページの「Install libraries」の通りに操作し,関連ライブラリのインストールを行います.(「既にインストールされている」というメッセージが出る場合がありますが,その場合は気にしなくて大丈夫です)

技術解説ページの「Download demo codes」の通りに操作し,サンプルのダウンロードを行います.

ダウンロードが完了したら,以下のフォルダに移動します.

e-Paper/RaspberryPi&JetsonNano/python/examples

以下のコマンドで,サンプルコードを実行します.

python epd_5in65f_test.py

動き出しました.電子ペーパーに次々と画像が表示されます.

(うまくいかない場合,どこかでミスっていると思われます.電子ペーパーとラズパイの接続,ラズパイのフォルダの所有者,などを再確認してみてください)

という訳で,カラー電子ペーパーでサンプルが動作するところまで設定しました.

でも単にサンプル画像が表示されるだけだとつまらないですね.自分の好きな画像を自由に表示できるようにしたい.

次回以降そのための設定を行います.

コメント

タイトルとURLをコピーしました